『セラピスト』と『マッサージ師』の違いって?

都内のサロンなどでお客様の身体を癒す『リラクゼーションセラピスト』。セラピストとして働くのに特別な資格は必要ありません。しかし『マッサージ師』として働くには『あん摩マッサージ指圧師』という国家資格が必要になってくるんです。治療院やサロンで受ける施術をひとくくりにしてマッサージと呼称してしまいがちですが、実は明確な違いがあります。
お客さんとして施術を受けるだけならその違いを理解しなくても良いですが、働くとなればしっかりとその二つの違いを理解しておかなければなりません。
 

マッサージ師

一般的にマッサージ師とは『あん摩マッサージ指圧師』という国家資格を保有している人を指します。あん摩マッサージ指圧師の資格は、通信講座や短期資格習得講座などでは習得することはできません。文部科学大臣指定の学校か、厚生労働大臣指定の養成施設で3年以上学ぶ必要があります。そして3年以上学んで初めて、国家資格を受験する権利が得られます。
あん摩マッサージ指圧師は、患者の治療を目的とした施術を行うため、勤務先も病院や治療院などになります。そして治療目的の施術を受ける場合など、保険も適応される場合があります。

 

リラクゼーションセラピスト

セラピストには、資格は何も必要ありません。そしてセラピストは、顧客に心と身体の癒しを提供するために施術します。リラクゼーションセラピストは治療目的の施術ができない為、治療院などに勤務することはありません。主に様々なリラクゼーションサロンと呼ばれる所で働くことが主となります。

 

こうして比べてみると、マッサージ師とセラピストは考えていたよりもはっきりとした違いがあるのが分かります。マッサージ師は学校に通う期間や学費がかかるものの、きちんと試験に合格すれば国家資格を持つことが出来ます。セラピストは未経験からでも始めることが出来るので、その気になれば未経験者歓迎の求人などを見つけて働き始めることもできます。どちらにもお互いにない良さがありますね。

自分にはどっちが向いてるんだろう?

働くフィールドや、仕事内容などからの面でもよく考えてどちらを目指すか選択するようにしましょう。あん摩マッサージ指圧師の資格を取りたいと考えたら、学費と時間がかかることも考慮しなければなりません。しかし、マッサージ師もセラピストも、二者択一というわけではありません。リラクゼーションセラピストとして働きながら、あん摩マッサージ指圧師の勉強をする人もいます。