セラピストにオススメの資格

マッサージ師と違い、資格の必要ないリラクゼーションセラピスト。もちろん培った技術一本で勝負するのも良いですが、セラピストが持っておくと便利な民間資格もたくさんあります。実際に働きながら勉強、資格を習得し自分の強みを増やすことで、セラピストとしての自信に繋げていきましょう!

アロマセラピスト

天然の植物から抽出した精油を使い、様々な香りを用いてヒーリング効果をもたらし、ストレスを軽減させたり心と身体をリラックスさせるアロマテラピー(芳香療法)を行います。昔よりアロマというものが世間一般に浸透してきたおかげで、アロマテラピーの効果も認められるようになり女性を中心に関心も高まっています。アロマテラピーを行っているリラクゼーションサロンで働くだけでなく、アロマオイルなどを取り扱う専門ショップなどで働くこともできます。専門店でh当たらく場合、お客様の目的に合わせて香りをセレクトしたり、使い方をレクチャーしたり……アドバイザーとして働く形になります。また独立開業する方も多く、近年は福祉の・介護の分野でも注目されているので、サロンや専門店で働くだけでなく広い業界を見ることが出来ます。

 

リフレクソロジスト

リフレクソロジストはリフレクソロジーという民間療法を用いて、心身の不調を整える施術を行います。足の裏には体の各部位に対応するツボがあり、そこを手のひらや指で刺激することで血行を良くし、新陳代謝を促し不調を改善する効果があるとされています。リフレクソロジー=足ツボというイメージがありますが、手にもツボはあります。そのためハンドリフレなども近年では流行しています。リラクゼーションサロンやスパ施設で働くのはもちろん、整体院や鍼灸院などからも募集が行われていたりするので、働く場所を広げることが出来ます。

 

リンパセラピスト

素手で直接身体をマッサージし、体内に流れるリンパ液の流れがスムーズになるよう促す施術を行います。老廃物をろ過するリンパ節というフィルターにむかってリンパ液の流れを促すことによって老廃物を排出し、むくみなどを改善させる効果が望めます。リンパ節を摘出してしまったガン患者のむくみなどを改善するためのマッサージでしたが、今は美容や体質改善を目的として利用されています。リラクゼーションサロンやエステサロンなど、美容を目的とした施設で働くことになります。またアロマオイルを用いたリンパマッサージも人気が高いため、アロマセラピストの資格も併せて取得しておくとさらに活躍の場が広がるでしょう。